食品事業者にHACCP(ハサップ)の義務付け

a26239f7236b33f18816ef1c17dcb8da
カードぼかし300
 HACCP(Hazard Analysis and Critical Contorol Point)とは食品事業者(レストラン、ホテル、食品工場etc)自らが、食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握したうえで、原材料の入荷から出荷(提供)までの全行程の中で、それらの危害要因を除去または低減させるために、特に重要な工程(CCP)を管理し製品の安全性を確保しようとする衛生管理手法。この手法は食品規格委員会(コーデクス)から発表され、全世界に採用を推奨している国際的に認められたもの。
 エムケー厨設(株)でもHACCPの普及拡充のため、HACCPコーディネイターの拡充に助力しています。